郵便局学資保険

生命保険会社にしろ郵便局にしろ、営利企業であって慈善団体ではありません。少子化の今、こどもに関係する商品は売れる数が減っています。そのおかげで、パイの奪い合いで競争により、サービスがよくなりつつあります。郵便局の学資保険にこだわることなく、生命保険会社の


郵便局の学資保険はその加入者の数も多いし、何より郵便局がやっているということで学資保険を考える方は最初に検討されるこども保険(学資保険)だと思います。
郵便局の学資保険以外にも似たような仕組みの子供保険はいくつかあります。有名なところではソニー生命、アメリカンファミリー生命、住友生命などで、それぞれ少しずつ条件が異なりますが、一体どれがいいのでしょうか?
郵便局学資保険やアフラックこども保険といった様々な商品のどれがいいのか、我が家の財政や計画に向いているのか。知るにはまず、こども保険に何を期待するかをあなた自身が決める必要があります。
郵便局の学資保険は満期になるとお金が一部返還されます。22年とかの間に満期に利率が付いて少し多く返してもらえると勘違いしている人が多いのですが、まちがいです(笑)。たとえば2006年の時点の郵便局の学資保険の利率では、250万円満期だと244万円ぐらいでしょうか、元本割れした分しかお金は戻ってきません。
郵便局の学資保険はこども預金とは違います、もしもの怪我や病気の保障がある、それこそ保険なのですから、その点は忘れないでくださいね、貯金商品ではありません。
こども保険という場合と学資保険という場合、(学資保険というのはもともと商品名)内容的にはどちらも似たようなもので、契約プランの中に何歳で何パーセント払い戻す、という契約があります。受験の際の費用に当てることができるわけです。これが人気の秘密なのです、必要なときに学費として使えるのですから。
学資保険についてつかみはOK?ということで、郵便局学資保険を初めとする様々な生命保険会社のこども保険選びのポイントを上げてみましょう。まずはあなたの家庭での優先順位の決定です。
郵便局学資保険などのこども保険に入学時や満期時に戻ってくる貯蓄性を優先するのか、そうではなくて子供のお父さんのもしものとき、お子さんのもしものときの保険支払いを優先するのか、さらにその場合は父子のどちらを優先するのか?
郵便局の学資保険にしても各保険会社のこども保険にしても支払額と返還額のシミュレーションはできますから、自分の目的のポイントのメリットが高い条件設定でシミュレーションしてみましょう。
金融商品としてみた場合には貯蓄性の点では郵便局の学資保険は他の生保会社すべてと比較して見た場合、こども保険の中では高くない方です。生保会社の資料を請求してよく検討すればわかることですが、子供保険や学資保険はあくまでも保険として、あるいは進学時の一時金のための普通預金のつもりでいてください。
郵便局学資保険でももしものときの補償を優先的に求めるのであれば、特約保障などを追加する手もありますが、必ず保護者自身の保険との兼ね合いで考えてください。子供保険の特約で付くのと同じような内容の保険がすでに父親の保険で受けられる契約になっているのであればその保険料を支払うのは無意味ですから。
学資保険(子供保険)を選ぶ場合、なんとなく安心でお得な気がして何も考えずに郵便局の学資保険にいきそうですが、生保会社の資料を請求して比較すればよくわかりますが、郵便局学資保険はこども保険の中では貯蓄性は一番悪くて元本割れします、それでも郵便局の方が自分にとって便利なのかどうかよく比較して選んでくださいね。

多汗症治療の基礎講座

便秘解消法の基礎知識

にきびの治療方法
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。