郵便局学資保険

郵便局の学資保険は有名で契約者も非常に多いのですが、郵便局以外の保険会社も郵便局の学資保険への対抗策として様々なこども向け保険を販売しています。たとえばソニー生命、アフラックなどの最近のメジャーどころも、それ以外の老舗もそれぞれの特徴のあるこども保険を打



郵便局の学資保険は制度としての歴史も長いし、祖父母の代も使っていたからとお子様のこども保険(学資保険)の検討の第一候補に郵便局の学資保険を上げる人は多いはずです。
郵便局の学資保険は有名ですが、郵便局以外の保険会社もその対抗策として様々なこども向け保険を販売しています。ソニー生命、アフラックなどの最近のメジャーどころも、それ以外の老舗もそれぞれの個性を打ち出しています。
学資保険やこども保険にそのようなたくさんの保険商品が様々な保険会社から提示されていると、どうしたらいいのか迷ってしまうかもしれませんが、大事なのはこれです、あなたはそもそもなんのためにこども保険(学資保険)に加入するのか、これをはっきりしておいてください。
郵便局のこども貯金という制度がありましたよね。郵便局の学資保険なのでなんとなくこつこつお金がたまるように感じますが、お金をためるのなら定期預金の方がましです。
郵便局の学資保険は「学資」という名前が保険を忘れさせる、うまくつけたもので進学のための積み立てみたいに聞こえますけど、これはあくまでも保険なのです。学資の一時払いなどはおまけであって、もしものための保険です。
郵便局の学資保険や、ソニー生命のこども保険などにはいろんなプランがあり、決められた年齢のときに入学準備金などとしてまとまったお金の先払いシステムがあります。
郵便局の学資保険にしろこども保険について概略はつかめましたでしょうか?郵便局学資保険にしろ生保会社こども保険にしろ、いずれも保険なのですから、他の金融商品、国債やファンドなどの高利回り商品と比較するという考えは捨てたほうがいいと思います。学資保険でお金を増やすことを望むのではなくて、それよりもこども保険に何を求めるかの選択が必要です。
入学時や満期時に戻ってくる貯蓄性を優先するのか、お父さんのもしものとき、お子さんのもしものときを優先するのか、その場合は父子のどちらを優先するのか?
こども保険に貯蓄性を優先するのであれば、あなたが保険会社や郵便局に支払うお金の総額と、満期で支払われる保険金の総額を必ず確認してください。保険会社によってまったく違います。
郵便局の学資保険の固定金利は民間保険会社のこども保険より10%程度低くなるのがいつものことです。ですから貯蓄性優先で選ぶなら郵便局の学資保険は脱落ですね。
郵便局学資保険でももしものときの補償を優先的に求めるのであれば、特約保障などを追加する手もありますが、必ず保護者自身の保険との兼ね合いで考えてください。子供保険の特約で付くのと同じような内容の保険がすでに父親の保険で受けられる契約になっているのであればその保険料を支払うのは無意味ですから。
学資保険(子供保険)を選ぶ場合、なんとなく安心でお得な気がして何も考えずに郵便局の学資保険にいきそうですが、生保会社の資料を請求して比較すればよくわかりますが、郵便局学資保険はこども保険の中では貯蓄性は一番悪くて元本割れします、それでも郵便局の方が自分にとって便利なのかどうかよく比較して選んでくださいね。

ジャスミン エッセンシャルオイルの魅惑

美容ドリンク フラコラ500で老化防止

リフォームローンを活用しよう
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。