郵便局学資保険

学資保険を選ぶ場合、何も考えずに郵便局の学資保険にいきそうですが、貯蓄性は一番悪くて元本割れします、それでも郵便局の方が自分にとって便利なのかどうかよく比較して選んでくださいね。


郵便局の学資保険は、民営化となった郵政局、郵便貯金の簡易保険の制度の中の学資保険で、お子様のこども保険(学資保険)加入を考えていらっしゃる方々がまず思いつくのが郵便局の学資保険です。
学資保険というと郵便局の学資保険から検討されることになると思いますが、実際には様々な学資保険がさまざまな保険会社から売り出されています。アフラックやソニー生命、住友生命などそれぞれ個性を打ち出しています。
こども保険にいろいろあるのはわかりますが、いったいどれを選べばいいのでしょうか?逆にお尋ねしますが、郵便局の学資保険を初めとする子供保険にあなたはいったい何を目的として入るのでしょうか?目的を明確にすれば、どの子供保険が自分たちに適しているかは自明です。
郵便局のこども貯金のイメージで、将来の学資の分を小さい頃からコツコツ溜めて満期になればそれ以上の額に利子が付いて戻ってくるという幻想を抱いていらっしゃる方、目を覚ましてください(笑)。郵便局の学資保険の場合は利率が低い方で、満期で戻るお金は元金割れします。民間はほとんどが元金より多く帰ってきます。
郵便局の学資保険は名前が進学のための積み立てみたいに聞こえますけど、これはあくまでも保険なのです。学資の一時払いなどはおまけであって、もしものための保険です。
郵便局の学資保険では学資保険という名称どおりに、進学の年齢である15歳、18歳などで一時金が支払われるようになっています。それで利率も減るし、元金も減るので満期の積み立て額が少なくなるわけですが、大学入学金などもバカになりませんから、入学時のもの入りには助かりますよね。
学資保険の位置づけはわかっていただけたかと思います。さて、では具体的にはあなたの家ではどんなこども保険を選ぶのがよいのでしょうか?これにはあなた自身が最優先項目から順位付けをする必要があります。
郵便局学資保険などのこども保険に入学時や満期時に戻ってくる貯蓄性を優先するのか、そうではなくて子供のお父さんのもしものとき、お子さんのもしものときの保険支払いを優先するのか、さらにその場合は父子のどちらを優先するのか?
満期で返ってくるお金と、進学時に返ってくるお金と自分が支払ったお金、どう払えばいくらになるのか、シミュレーションはめんどくさがらずに行いましょう。
郵便局の学資保険の固定金利は民間保険会社のこども保険より10%程度低くなるのがいつものことです。ですから貯蓄性優先で選ぶなら郵便局の学資保険は脱落ですね。
こども保険は貯蓄ではなくて保険であると考えた場合、父親や母親の生命保険による保障の枠もよく確認してくださいね。同じ保障内容であれば、そこに重ねて払うのは馬鹿げています。
生命保険会社にしろ郵便局にしろ、営利企業であって慈善団体ではありません。少子化の今、こどもに関係する商品は売れる数が減っています。そのおかげで、パイの奪い合いで競争により、サービスがよくなりつつあります。郵便局の学資保険にこだわることなく、生命保険会社の資料を取り寄せて比較して、一番おいしい保険に入りましょうね。

郵便局学資保険と生命保険のこども保険

スカイプ英会話は話題の学習方法

ヒアルロン酸で若さを再生しよう
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。