郵便局学資保険

こども保険という場合と学資保険という場合、(学資保険というのはもともと商品名)内容的にはどちらも似たようなもので、契約プランの中に何歳で何パーセント払い戻す、という契約があります。受験の際の費用に当てることができるわけです。これが人気の秘密なのです、必要


郵便局の学資保険ならとりあえず郵便局がやっているのだから、民営化になったとは言っても郵便局は郵便局、親方日の丸だから安心だと、こども保険(学資保険)選びの第一選択にする人が多いかと思います。
郵便局の学資保険が独壇場で市場を席巻したのは実は一昔前のことで、郵便局の学資保険に対抗して最近はいくつもの有力保険会社がお得な商品を販売しています。
郵便局の学資保険がいいのか、ソニー生命のこども保険がいいのか、悩みますよね。そもそもあなたは何のために学資保険に入るのですか?みんなが入っているからなんとなく、では決められないのももっともです。
郵便局の学資保険の「学資」という響きで子供保険とは子供の学資を貯蓄させてくれる商品だというイメージができていますが、目的が学資の貯蓄だけなら保険より預金がいいのは当たり前です。
郵便局の学資保険は「学資」という名前が保険を忘れさせる、うまくつけたもので進学のための積み立てみたいに聞こえますけど、これはあくまでも保険なのです。学資の一時払いなどはおまけであって、もしものための保険です。
郵便局の学資保険では学資保険という名称どおりに、進学の年齢である15歳、18歳などで一時金が支払われるようになっています。それで利率も減るし、元金も減るので満期の積み立て額が少なくなるわけですが、大学入学金などもバカになりませんから、入学時のもの入りには助かりますよね。
学資保険の位置づけはわかっていただけたかと思います。さて、では具体的にはあなたの家ではどんなこども保険を選ぶのがよいのでしょうか?これにはあなた自身が最優先項目から順位付けをする必要があります。
入学時や満期時に戻ってくる貯蓄性を優先するのか、お父さんのもしものとき、お子さんのもしものときを優先するのか、その場合は父子のどちらを優先するのか?
こども保険に貯蓄性を優先するのであれば、あなたが保険会社や郵便局に支払うお金の総額と、満期で支払われる保険金の総額を必ず確認してください。保険会社によってまったく違います。
金融商品としてみた場合には貯蓄性の点では郵便局の学資保険は他の生保会社すべてと比較して見た場合、こども保険の中では高くない方です。生保会社の資料を請求してよく検討すればわかることですが、子供保険や学資保険はあくまでも保険として、あるいは進学時の一時金のための普通預金のつもりでいてください。

郵便局の学資保険にしろ何にしろこども保険は、22歳満期などの期日が来れば保険は切れますから、その先のお子さんの保険をどうするかも考えて、いろいろ考え合わせた中から学資保険を選ぶようにしましょう。

外資系の企業に転職する

高血圧を予防するためには・・・

ホワイトニング治療
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。