郵便局学資保険

郵便局の学資保険はでも、こども預金とはその性格がまったく違います、保険である以上もしもの怪我や病気の保障がある、ですから、その点は忘れないでくださいね、貯金商品ではありません。


郵便局の学資保険は日本でも最も歴史の古いこども保険(学資保険)の中のひとつですね。お子様のこども保険(学資保険)加入を検討されているご両親が真っ先に検討するのが郵便局の学資保険でしょう。
郵便局の学資保険が独壇場で市場を席巻したのは実は今のおじいちゃんおばあちゃん世代が親であった、30年ぐらい前のことで、郵便局の学資保険に対抗したこども保険商品として最近はいくつもの有力保険会社がお得な商品を販売しています。
郵便局の学資保険がいいのか、ソニー生命のこども保険がいいのか、悩みますよね。そもそもあなたは何のために学資保険に入るのですか?みんなが入っているからなんとなく、では決められないのももっともです。
郵便局の学資保険は満期になるとお金が一部返還されます。22年とかの間に満期に利率が付いて少し多く返してもらえると勘違いしている人が多いのですが、まちがいです(笑)。たとえば2006年の時点の郵便局の学資保険の利率では、250万円満期だと244万円ぐらいでしょうか、元本割れした分しかお金は戻ってきません。
郵便局の学資保険は名前が進学のための積み立てみたいに聞こえますけど、これはあくまでも保険なのです。学資の一時払いなどはおまけであって、もしものための保険です。
郵便局の学資保険や、ソニー生命のこども保険などにはいろんなプランがあり、決められた年齢のときに入学準備金などとしてまとまったお金の先払いシステムがあります。
郵便局の学資保険にしろこども保険について概略はつかめましたでしょうか?郵便局学資保険にしろ生保会社こども保険にしろ、いずれも保険なのですから、他の金融商品、国債やファンドなどの高利回り商品と比較するという考えは捨てたほうがいいと思います。学資保険でお金を増やすことを望むのではなくて、それよりもこども保険に何を求めるかの選択が必要です。
こども保険に対してあなたの家の場合、あくまでも満期時に戻ってくる額が多いことを優先する、貯蓄性を最優先するのか、それとも学資保険としての入学時の一時金支払いを優先するのか、それともあるいは生命保険としてもしもの保証に重点を置くのか。
こども保険も大人の保険同様に支払額や返還額、一時金支給のタイミングなどはシミュレーションで変更して比較できます。自分の優先順位から条件決めして計算してみてください。
貯蓄性を優先する場合には、金額の計算はもちろんのこと、子供保険や学資保険は基本的に固定利回りであることを確認しておいてください。景気がよくなっても利率アップはありません。
保険によるもしものときの保障を優先する場合、お父さん自身の健康保険も確認してください。お父さんの健康保険で、こども保険でのお父さんのもしものときの保障が不要な十分な契約をしていることも多いようです。
郵便局の学資保険にしろ何にしろこども保険は、22歳満期などの期日が来れば保険は切れますから、その先のお子さんの保険をどうするかも考えて、いろいろ考え合わせた中から学資保険を選ぶようにしましょう。

ほうれい線に効果的なもの

夏バテを予防するためには・・・

話題のユーチューブ
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。