郵便局学資保険

貯蓄性を優先するといっても学資保険の金利は高くない上に固定金利ですから、元金がとんとんで戻ればOKぐらいに考えておくべきでしょう。


郵便局の学資保険は、民営化となった郵政局、郵便貯金の簡易保険の制度の中の学資保険で、お子様のこども保険(学資保険)加入を考えていらっしゃる方々がまず思いつくのが郵便局の学資保険です。
学資保険といえば郵便局の保険というイメージがありますが、実際には様々な保険会社が子供向けの保険を販売していて、それぞれに特徴があります。
郵便局の学資保険がいいのか、アメリカンファミリー生命のこども保険がいいのか、それともCMが気になる住友生命がいいのか、どれにするか悩んでいますか?基本に戻って目的を考えてくださいね。
郵便局のこども貯金のイメージで、こつこつ溜めて利子が付いて戻ってくるという幻想を抱いていらっしゃる方、目を覚ましてください(笑)。郵便局の学資保険の場合は満期で戻るお金は元金割れします。民間はほとんどが元金より多く帰ってきます。
では子供保険の方が預金より優れている点はなんでしょうか?それは保険ですから、病気や怪我、不幸にしてお父さんやお子さんがなくなったりしたときに必要なお金が保険から支払ってもらえることですね。
学資保険という場合はさらに、高校入学時や大学入学時に合わせて積み立てたお金の一部を満期前に支払ってくれる、そういう満期前支払い契約内容があって人気があるのですね。
学資保険がどういう意味の商品かわかったところで、次はその比較ですね。ソニー生命やアフラックのこども保険や郵便局の学資保険を比較して決定するポイント選びにはあなたが何を優先するのかをきちんと決めてそれに従っていただければ簡単です。
郵便局の学資保険にしても民間保険会社のこども保険にしてもプランは様々です。貯蓄性を優先するなら保険や一時金の支払いは減らすべきですし、逆であれば満期の返還額は元金割れで当たり前です。
学資保険や子供保険が満期で返ってくるお金と、進学時に返ってくる一時的なお金の合計と、20年ほどかけて自分が支払ったお金、どう払えばいくらになるのか、ホームページなどで問い合わせやシミュレーションはめんどくさがらずに行いましょう。
郵便局や生保会社に資料を請求して比較してみればわかりますが、利率はそれほど高くありません。その中での比較と検討ということになります。貯蓄性を優先する場合には、支払いや返還の金額の計算はもちろんのこと、子供保険や学資保険は基本的に固定利回りであることを確認しておいてください。景気がよくなっても利率アップはありません。
保険として考えた場合は郵便局の学資保険は悪くないのですが、注意点をひとつ、お父さんの保険に子供の事故や病気の保障も含まれているのであれば、そちらで事足りる部分は削ることができます。
生命保険会社にしろ郵便局にしろ、営利企業であって慈善団体ではありません。少子化の今、こどもに関係する商品は売れる数が減っています。そのおかげで、パイの奪い合いで競争により、サービスがよくなりつつあります。郵便局の学資保険にこだわることなく、生命保険会社の資料を取り寄せて比較して、一番おいしい保険に入りましょうね。

本格的にFX投資が学べる無料セミナーDVDプレゼント情報

画期的なダン・ケネディのアフィリエイトプログラム

潜在意識を自由にコントロールする方法
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。