郵便局学資保険

郵便局のこども貯金のイメージで、将来の学資の分を小さい頃からコツコツ溜めて満期になればそれ以上の額に利子が付いて戻ってくるという幻想を抱いていらっしゃる方、目を覚ましてください(笑)。


郵便局の学資保険はその加入者の数も多いし、何より郵便局がやっているということで学資保険を考える方は最初に検討されるこども保険(学資保険)だと思います。
学資保険というと郵便局の学資保険から検討されることになると思いますが、実際には様々な学資保険がさまざまな保険会社から売り出されています。アフラックやソニー生命、住友生命などそれぞれ個性を打ち出しています。
こども保険のどれを選べばいいのでしょうか?郵便局の学資保険を初めとする子供保険に皆さんはいったい何のために入るのでしょうか?そのことを明確にすれば、どの子供保険が自分たちに適しているかは自明です。
郵便局のこども貯金という制度がありましたよね。郵便局の学資保険なのでなんとなくこつこつお金がたまるように感じますが、お金をためるのなら定期預金の方がましです。
郵便局の学資保険はこども預金とは違います、もしもの怪我や病気の保障がある、それこそ保険なのですから、その点は忘れないでくださいね、貯金商品ではありません。
郵便局の学資保険では名称どおりに、進学の際に15歳、18歳などで一時金が支払われるようになっています。それで満期の積み立て額が少なくなるわけですが、入学時のもの入りには助かりますよね。
学資保険がどういう意味の商品かわかったところで、次はその比較ですね。ソニー生命やアフラックのこども保険や郵便局の学資保険を比較して決定するポイント選びにはあなたが何を優先するのかをきちんと決めてそれに従っていただければ簡単です。
入学時や満期時に戻ってくる貯蓄性を優先するのか、お父さんのもしものとき、お子さんのもしものときを優先するのか、その場合は父子のどちらを優先するのか?
学資保険に子供の将来のために最終的に返ってくるお金を充てる、貯蓄性をもっとも優先するのであれば、最終的な支払額と返還額をきちんと計算して少しでも得するもの選ぶことと、入学時の一時支払い金を小さくすることなどが考えられますね。
金融商品としてみた場合には貯蓄性の点では郵便局の学資保険は他の生保会社すべてと比較して見た場合、こども保険の中では高くない方です。生保会社の資料を請求してよく検討すればわかることですが、子供保険や学資保険はあくまでも保険として、あるいは進学時の一時金のための普通預金のつもりでいてください。
生命保険としての扱いを最優先したとしましょう。郵便局の学資保険や生命保険会社のこども保険のどちらにおいても、もしものときの入院保障や死亡見舞金はできるだけ多い方がいいと考えてしまいます。それは正解なのですが、お父さんの生命保険で支払われる家族の病気や事故に対する保険金の確認もしておいてください。そちらで十分カバーできる内容に子供保険でさらに特約で支払うのは馬鹿げています。
郵便局の学資保険にしろ何にしろこども保険は、22歳満期などの期日が来れば保険は切れますから、その先のお子さんの保険をどうするかも考えて、いろいろ考え合わせた中から学資保険を選ぶようにしましょう。

投資で失敗しないために・・・

株で儲けている人は、何をしているのか?

会社を起業して成功をしたいと思っているのなら・・・
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。