郵便局学資保険

金融商品としてみた場合には貯蓄性の点では郵便局の学資保険は他の生保会社すべてと比較して見た場合、こども保険の中では高くない方です。


郵便局の学資保険は制度としての歴史も長いし、祖父母の代も使っていたからとお子様のこども保険(学資保険)の検討の第一候補に郵便局の学資保険を上げる人は多いはずです。
郵便局の学資保険は有名ですが、郵便局以外の保険会社もその対抗策として様々なこども向け保険を販売しています。ソニー生命、アフラックなどの最近のメジャーどころも、それ以外の老舗もそれぞれの個性を打ち出しています。
こども保険にいろいろあるのはわかりますが、いったいどれを選べばいいのでしょうか?逆にお尋ねしますが、郵便局の学資保険を初めとする子供保険にあなたはいったい何を目的として入るのでしょうか?目的を明確にすれば、どの子供保険が自分たちに適しているかは自明です。
郵便局の学資保険ということで親方日の丸は利率も民間銀行より高くて安心、高い利子も確実についてくると思い違いしている人が居るかもしれませんが、民間保険会社では元金より高くなる商品が多いものの、満期で帰ってくる額は郵便局の学資保険では元金割れしています。
こども保険にしても学資保険にしても、こども保険の本質は病気や怪我のときの保障なのです。保険のことをよく知らない人はそれを忘れて利子が少ないと怒ったりしますが、勘違いしないでください。
郵便局の学資保険や、ソニー生命のこども保険などにはいろんなプランがあります。特徴的なのは、決められた年齢(15歳と18歳)のときに入学準備金などとしてまとまったお金の先払いシステムがあります。
郵便局の学資保険にしろこども保険について概略はつかめましたでしょうか?郵便局学資保険にしろ生保会社こども保険にしろ、いずれも保険なのですから、他の金融商品、国債やファンドなどの高利回り商品と比較するという考えは捨てたほうがいいと思います。学資保険でお金を増やすことを望むのではなくて、それよりもこども保険に何を求めるかの選択が必要です。
郵便局の学資保険に満期での返還額を期待するのであれば、あなたは他の保険会社のこども保険を選ぶべきです。有事の保険の額を優先するのであれば綿密に比較してください。

貯蓄性の点では郵便局の学資保険はこども保険の中では高くない方です。あくまでも保険として、あるいは進学時の一時金のための普通預金のつもりでいてください。
郵便局学資保険でももしものときの補償を優先的に求めるのであれば、特約保障などを追加する手もありますが、必ず保護者自身の保険との兼ね合いで考えてください。子供保険の特約で付くのと同じような内容の保険がすでに父親の保険で受けられる契約になっているのであればその保険料を支払うのは無意味ですから。
郵便局学資保険や様々な生命保険会社から出ている同様のこども保険はあくまでもこどものための生命保険であることを忘れないでください。生命保険会社は慈善事業ではありません。保険会社側が黒字であるためには、子供保険の貯蓄性は多少犠牲になります。その中でどれがいいのかは生命保険会社の資料を手に入れて比較するのが一番の早道です。

メルマガを使ったアフィリエイトで稼いでいる人

ヨガのことはご存知ですよね

育毛といえば、忘れることができないのは育毛剤です
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。