郵便局学資保険

郵便局の学資保険は日本ではこども保険(学資保険)の中でもっとも有名で加入者も多い学資保険だと思います。郵便局ですから民営化されても保険の支払いなどで心配はなさそうだからと。


郵便局の学資保険は制度としての歴史も長いし、祖父母の代も使っていたからとお子様のこども保険(学資保険)の検討の第一候補に郵便局の学資保険を上げる人は多いはずです。
郵便局の学資保険以外にも似たような仕組みの子供保険はいくつかあります。有名なところではソニー生命、アメリカンファミリー生命、住友生命などで、それぞれ少しずつ条件が異なりますが、一体どれがいいのでしょうか?
郵便局の学資保険がなんのかんの言いながら有名なだけにいいのか、それともそれに対抗してがんばっているソニー生命のこども保険がいいのか、悩みますよね。逆に質問しますけど、そもそもあなたは何のために学資保険に入るのですか?学資保険にはみんなが入っているらしいからなんとなく、ではどれがいいのか決められないです。
郵便局のこども貯金のイメージで、将来の学資の分を小さい頃からコツコツ溜めて満期になればそれ以上の額に利子が付いて戻ってくるという幻想を抱いていらっしゃる方、目を覚ましてください(笑)。郵便局の学資保険の場合は利率が低い方で、満期で戻るお金は元金割れします。民間はほとんどが元金より多く帰ってきます。
こども保険にしても学資保険にしても、こども保険の本質は病気や怪我のときの保障なのです。保険のことをよく知らない人はそれを忘れて利子が少ないと怒ったりしますが、勘違いしないでください。
学資保険という場合はさらに、高校入学時や大学入学時に合わせて積み立てたお金の一部を満期前に支払ってくれる、そういう満期前支払い契約内容があって人気があるのですね。
郵便局の学資保険にしろこども保険について概略はつかめましたでしょうか?郵便局学資保険にしろ生保会社こども保険にしろ、いずれも保険なのですから、他の金融商品、国債やファンドなどの高利回り商品と比較するという考えは捨てたほうがいいと思います。学資保険でお金を増やすことを望むのではなくて、それよりもこども保険に何を求めるかの選択が必要です。
こども保険に本来の保険としての役割を期待するのか、それとも満期での支払いの貯蓄性を優先するのか、それとも進学時の学費支給を期待するのかで選ぶものが異なります。
満期で返ってくるお金と、進学時に返ってくるお金と自分が支払ったお金、どう払えばいくらになるのか、シミュレーションはめんどくさがらずに行いましょう。
金融商品としての側面を子供保険は多少は持っています。ですが、こども保険商品の金利は基本的に固定金利です。生保会社の資料を請求して比較すればわかりますが、最初の計算のときにいついくらもらえるかすべて計算できます。物価や日銀公定歩合の変動に関係しません。

少子化の今、こどもに関係する商品はパイの奪い合いでサービスがよくなりつつあります。郵便局の学資保険にこだわることなく、よく比較して一番おいしい保険に入りましょうね。

ヒアルロン酸は医療用としてもさまざまな活躍を見せています

ブログアフィリエイトで稼ぐのなら、物販アフィリエイトや情報販売アフィリエイト

マンスリーマンションって利用したことがありますか?
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。