郵便局学資保険

貯蓄性の点では郵便局の学資保険はこども保険の中では高くない方です。あくまでも保険として、あるいは進学時の一時金のための普通預金のつもりでいてください。


郵便局の学資保険は、これから学資保険を考えている方々がまず第一に思い浮かび、検討されるこども保険(学資保険)のひとつだと思います。
学資保険といえばもっぱら郵便局の学資保険というイメージがありますが、そういう商品はけっこう多くて実際には様々な保険会社が子供向けの保険を販売しています。これらの保険はそれぞれに少しずつ違い、特徴があります。
郵便局の学資保険がいいのか、ソニー生命のこども保険がいいのか、悩みますよね。そもそもあなたは何のために学資保険に入るのですか?みんなが入っているからなんとなく、では決められないのももっともです。
郵便局の学資保険で満期に利率が付いて少し多く返してもらえると勘違いしている人が多いのですが、2006年の時点の郵便局の学資保険の利率では元本割れした分しかお金は戻ってきません。
郵便局の学資保険や生命保険会社のこども保険が定期預金や積立預金より優れているのは、もしものときにまとまった額が支払ってもらえることですよね、保険ですから。郵便局の学資保険ももちろん保険商品ですからお子さんの怪我や病気に対して保険金が、内容により額は異なりますが支払われます。
こども保険という場合と学資保険という場合、(学資保険というのはもともと商品名)内容的にはどちらも似たようなもので、契約プランの中に何歳で何パーセント払い戻す、という契約があります。受験の際の費用に当てることができるわけです。これが人気の秘密なのです、必要なときに学費として使えるのですから。
学資保険の位置づけはわかっていただけたかと思います。さて、では具体的にはあなたの家ではどんなこども保険を選ぶのがよいのでしょうか?これにはあなた自身が最優先項目から順位付けをする必要があります。
こども保険に本来の保険としての病気や怪我のときの保障の役割を期待するのか、それとも満期での支払いの貯蓄性をもっとも優先するのか、それとも年齢対応の進学時の学費支給を期待するのか(子供が多い場合は実に助かります)で選ぶものが異なります。
学資保険に貯蓄性を優先するのであれば、最終的な支払額をきちんと計算して選ぶことと、入学時の一時支払い金を小さくすることなどが考えられますね。
金融商品としての側面を子供保険は多少は持っています。ですが、こども保険商品の金利は基本的に固定金利です。生保会社の資料を請求して比較すればわかりますが、最初の計算のときにいついくらもらえるかすべて計算できます。物価や日銀公定歩合の変動に関係しません。
保険によるもしものときの保障を優先する場合、お父さん自身の健康保険も確認してください。お父さんの健康保険で、こども保険でのお父さんのもしものときの保障が不要な十分な契約をしていることも多いようです。
学資保険を選ぶ場合、何も考えずに郵便局の学資保険にいきそうですが、貯蓄性は一番悪くて元本割れします、それでも郵便局の方が自分にとって便利なのかどうかよく比較して選んでくださいね。

株で儲かるには、何が必要か?

初心者のための失敗しない投資とは・・・

携帯クリック報酬型アフィリエイト業界最高値!!
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。