郵便局学資保険

郵便局の学資保険がこども保険(学資保険)の中ではもっとも有名だと思います。若い両親よりも年配の祖父母からの勧めもあり、郵便局の学資保険を子供が小さい頃から検討されるご夫婦も多いでしょう。


郵便局の学資保険はその加入者の数も多いし、何より郵便局がやっているということで学資保険を考える方は最初に検討されるこども保険(学資保険)だと思います。
郵便局の学資保険は有名で契約者も非常に多いのですが、郵便局以外の保険会社も郵便局の学資保険への対抗策として様々なこども向け保険を販売しています。たとえばソニー生命、アフラックなどの最近のメジャーどころも、それ以外の老舗もそれぞれの特徴のあるこども保険を打ち出しています。

郵便局のこども貯金のイメージで、こつこつ溜めて利子が付いて戻ってくるという幻想を抱いていらっしゃる方、目を覚ましてください(笑)。郵便局の学資保険の場合は満期で戻るお金は元金割れします。民間はほとんどが元金より多く帰ってきます。
では子供保険の方が預金より優れている点はなんでしょうか?それは保険ですから、病気や怪我、不幸にしてお父さんやお子さんがなくなったりしたときに必要なお金が保険から支払ってもらえることですね。
学資保険という場合はさらに、高校入学時や大学入学時に合わせて積み立てたお金の一部を満期前に支払ってくれる、そういう満期前支払い契約内容があって人気があるのですね。
学資保険の位置づけはわかっていただけたかと思います。さて、では具体的にはあなたの家ではどんなこども保険を選ぶのがよいのでしょうか?これにはあなた自身が最優先項目から順位付けをする必要があります。
こども保険に対してあくまでも満期時に戻ってくる額が多いことを優先するのか、それとも学資保険としての一時金を優先するのか、それとも保険としてもしもの保証に重点を置くのか。
郵便局学資保険あるいはこども保険に貯蓄性を優先するのであれば、やるべきことがあります。あなたが保険会社や郵便局に支払うお金の総額と、満期で支払われる保険金の総額をシミュレーションや見積もりサービスで必ず確認するということです。利率や支払い総額は同じ掛け金でも保険会社によってまったく違います。
郵便局の学資保険の固定金利は民間保険会社のこども保険より相対的に10%程度低くなるのがいつものことです。生保会社の資料を見てみればわかりますが、郵便局学資保険をスタンダードにしてそれより高利率をうたい文句にするのが戦略ですから、ですから貯蓄性優先で選ぶなら郵便局の学資保険は脱落ですね。
保険によるもしものときの保障を優先する場合、お父さん自身の健康保険も確認してください。お父さんの健康保険で、こども保険でのお父さんのもしものときの保障が不要な十分な契約をしていることも多いようです。
郵便局の学資保険や同様のこども保険はあくまでもこどものための生命保険であることを忘れないでください。保険会社側が黒字であるためには、貯蓄性は多少犠牲になります。

J−POP アーティスト ロードオブメジャー

109シネマズにようこそ!!

高額報酬を簡単にゲットできるアフィリエイトプログラム

お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。